2022年5月16日

Neostyle HIRAYA!

フラットな生活空間んでのびのび暮らす、
子育て世代に安心設計の平屋


アメリカの平屋住宅をモチーフに、1.5寸の緩勾配の屋根が、
現代の子育てにぴったりのシンプルナチュラルなテイストを表現。


北米の住宅によく見られる「フロントポーチ」から
リビングにつながる部分が「タイル仕上げ」になっており、

屋外と屋内の空間を一続きのように楽しめる
「プラスα」の価値を生み出すデザインが魅力です。

3a0f995947b4e1e1d0159d826b4d1e33465a11cc.jpg
日本の伝統美を取り入れた和モダンの平屋

入母屋屋根が生み出す格調ある伝統美、
無垢材をふんだんに取り入れたインテリアは温もりがありながら、
格子からこぼれる光と風が凛とした日本らしさを感じさせてくれるデザイン。

日本の伝統的なスタイルと最新技術を持ちあわせた和モダンの平屋住宅です。
建て替えをお考えの方にもピッタリの平屋です。
7a0437b7c7c20aa89b41c8b72a1ac6e4df15384c.jpg

【built-in GARAGE】

趣味の部屋としても楽しめるビルトインガレージの魅力

アメリカの映画にもたびたび登場する
ビルトインガレージは男性にとって憧れの仕様。


大切な愛車を雨や風から守るだけでなく、
家族みんなの趣味を活かす、屋内の作業場や、趣味のスペースとしても活用できます。
HUCK_101_4_0001uu.jpg

mainpic_hiraya2_2.png

pic1.png

和モダンの平屋に遊び心をプラスする、ビルトインガレージ
建替えをお考えのにもおすすめのプランです。

_MG_6881.jpg_MG_6618.jpg_MG_6524.jpg_MG_6392.jpg

Enjoy home time!【オシャレな注文住宅のアイデア例】

Neostyle には、ヒアリングシートや皆様とお話をするなかで、
ご家族にとってどういう間取りが生活しやすいのかを、

今までの経験や知識に、アイディアを加えて、
ご提案させて頂くスペシャリストがいます。
どんなリクエストも、ぜひ一度ご相談ください。


使い方いろいろ、土間のある暮らし

土間というと古い日本家屋のイメージですが、
実はとっても便利で優秀な空間なんです。

土や汚れを気にせずガーデニングやスポーツの道具を置いたり、
ベビーカーで寝てしまった赤ちゃんを起こさず
そのまま家に入れられるのも土間だからこそできちゃいます。

ワークスペースとしても活用できるので趣味の幅も広がりそうですね。


開放的なリビング階段で家族が繋がる

おしゃれなリビング階段。おしゃれなだけじゃないんです。
リビングに階段を取り込むことで、
広く開放的な空間になり家族とのコミュニケーションもぐっと増えます。
子どもが大きくなって忙しい毎日でも、
毎日顔を合わせて会話できる空間は理想的ですね。


「ただいま!」ですぐに手洗いできる、玄関入ってすぐの手洗い場


✔ 「ただいま!」ですぐに手洗いできる、玄関入ってすぐの手洗い場
✔ 「朝の混雑解消!」2人同時に使える洗面
✔ 「夕食作りをしながら、宿題も見れちゃう♪」キッチン横のフリースペース

毎年流行するインフルエンザなど、
様々な感染病予防にも"手洗いうがい"の習慣が大切だと言われています。
とはいえ、子どもたちは「ただいまー!」と

靴にランドセルに帽子に、、、と次々脱ぎ捨て、

あっという間におやつに手が伸びていたりしませんか?


大人も子どもも同じですが、
アクションが増えるごとに面倒くさく感じてしまいます。


もし、靴を脱いだ目の前に手洗い場があれば、
そのまま手を洗う事ができるかもしれません。

そして、リビングまでの廊下や、
リビングに入ってすぐのところにランドセルや


子どもたちの手提げ袋などを収納できるスペースがあると、

ママの毎日の気苦労も減るでしょう。


「朝の混雑解消!」2人同時に使える洗面

朝の身支度、出掛ける時間はそれぞれなのに、

どうしてこんなに重なるの!?と思ったことはありませんか?

特にお子さんが年頃になると、
鏡の前でオシャレに費やす時間もぐっと長くなります。


近年は、一邸にお手洗いが二ヶ所が当たり前になってきました。
それぞれの家族構成に合わせた間取りを工夫できることは、
注文住宅の醍醐味ですね!

家族の存在を感じられる書斎

仕事も趣味も、集中していると
時間がたつのがあっという間ですよね。


ついつい部屋にこもってしまいがちですが、
小窓があれば部屋の内外から


家族の存在を感じることができます。
お子様がいる家庭の在宅ワークにも安心ですね。

コーナーを活用した書斎

広くデスクが使えるようにコーナーを有効活用した書斎です。

趣味の道具や書類など、スペースがいる作業にも集中できそうです。
建具は大工さんの手作りです。

はじめての家づくりパーフェクトガイド!

家づくりの最初の一歩目は、みんな初心者です。

家づくりは、多くの家族が一生に一度あるかないかです。
そう、ほとんどの家族が家づくりについては初心者なのです。
だから、あなたにきちんと幸せになる家づくりについて知って欲しいと思います。

【家づくりは、一生に一度の買い物とパートナー選び!】


あなたの夢を叶える家づくりの価格は、
どうやって決まるのでしょうか?


実は、家づくりでほとんどの方が悩まれるのが、
家の適正価格についてです。家は一体いくらなのでしょうか?

29歳の役所に勤める公務員のS様の話です。

そのS様は、奥様のお腹に子どもができたころから、
この子が小学生に上がる前には家が欲しいな~と思っていたそうです。

そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカの
住宅展示場に情報収集のために行ったそうです。
アンケートを書き、展示場を見て回っていました。


すると、細身で30代くらいのさわやかな男性営業マンが
笑顔でやってきて話しかけてきたそうです。

色々と話をしているうちに、
その営業マンの印象も非常によかったので、
とりあえず参考に見積りをもらうことになりました。


その見積り金額をみて、
彼はびっくりしました。
なんと、5000万円といわれたそうです。
そこで、S様は思ったそうです。


こんな先行き不透明な世の中で、
家を買うのは諦めるしかないんじゃないかと・・・

でも、子供や奥様のために
諦め切れなかったS様はインターネットで調べて、
彼は地元にある工務店の見学会にも行ってみたそうです。
そこで地元の工務店でも家づくりをしていることを初めて知ったそうです。

S様は、ハウスメーカーに話したときと同じように
家づくりの夢や想いをその工務店の社長に話をしたそうです。


その社長はすぐにまったく同じではないけれど、
ほぼ同じような家であれば、
2500万円ぐらいかな~とすぐに見積りをくれました。

これだけでも、約2500万円も違うのです!

なぜ、同じ家でこんなに価格が違うのか、
どうしても信じられなかった彼は、
その工務店の社長を連れてこの展示場の家と
同じ家をお願いしたらいくらですか?と聞いたところ・・・


その工務店の社長が答えた金額は、
約3000万くらいとのこと。


全く一緒というわけではありませんが、
彼の奥さんや彼の希望を十分に満たし、
価格がやっぱり、2000万も違うのです!


家を作るプロ(工務店など)に相談家を買う時は、
展示場に言って話を聞くだけでなく、
家を作るプロ(工務店など)に
相談することも大事だとS様は思ったそうです。

でも、S様が一番嬉しかったのは、
工務店の社長がS様の話を聞きながら、
家づくりで大切なことを教えてくれたり、
間違った家づくりのときは、
プロとしてきちんとアドバイスしてくれたことでした。

今では、工務店の社長と仲良くお話しているS様ですが、
最初は、しつこい住宅営業が怖くて
いきなり電話をかけるのはやめて、
資料請求をしたそうです。

もし、あなたが家づくりで失敗したくないと考えているなら、
その工務店がどんな想いで家づくりをしていて、
お施主様にどんな家づくりをしているのか

知るために資料請求をすることをオススメします!

資料請求はコチラ⇒

【幸せな人生と家づくりには、資金計画が大切です】

資金計画をきちんと立てる家を現金で購入するヒトは、
ほとんどいません。
家づくりをすることは、
資金計画をきちんと立てることでもあります。

この資金計画を間違えると
幸せになるための家づくりのはずが、
家のためにお金を支払う苦しい人生になります。
たとえば、住宅ローンを支払うために

・子供の春休みや夏休み、冬休みに楽しい旅行に行けない!?
・食費を切り詰め、たまにしていた外食もできない・・・
・お父さんは、お小遣いを減らされ、飲み会などのお付合いにいけない・・・などなど

資金計画を間違えたばかりに、
多くのことを我慢、我慢、我慢!!
そんな生活が何十年も続くことに、
あなたは耐えられますか?

だって、家は買うことが目的ではなく、
家族で幸せにすごすために多くの家族は家づくりをするのですから。


しかし、あなたのことを考えていない
住宅営業マンから家を買った場合、

予算ギリギリの家を買わされ、
幸せな生活がおくれなくなります。

せっかく幸せになるために買った家が、
不幸のはじまりとなってしまうのです。

もし、あなたが幸せな家族計画を
お望みであれば、ぜひご相談ください。

あなたの人生が豊かになる、
資金計画について精一杯アドバイスします。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント